【超初心者向け】収益化ブログの準備 wordpressのデザインを決める

準備
スポンサーリンク

wordpressをインストールしてワクワクしていますか?

次はwordpressのデザインを決めます。

デザインと分かりやすく言いましたが、ブログの設計図と思ってください。

wordpressは無料、有料の設計図がいくつも配布されており、それらのことを『テーマ』と呼んでいます。

ここではテーマの選び方とオススメテーマをご紹介します。

wordpressのテーマ決め

wordpressをインストールしたばかりの状態で、自分のサイトを見てみると下の画像のようになっていますよね。

これは、wordpressに入っている初期『テーマ』になっているからです。

インターネットでブログを見ていると

同じような配置、デザインのサイトがよくあるなぁ

と思ったことはありませんか?

あれらは、同じ『テーマ』を使っています。

テーマの選び方

『テーマ』を選ぶのはとても重要です。

何故なら、優秀なテーマには多くの機能が付いていたり、SEO対策(検索上位になりやすい仕組み)が組み込まれているからです。

と言っても、ここを読んでいる皆さんは超初心者だと思うので、難しく考えなくて良いです。

初心者にとって、設定が超簡単で、検索性も高いテーマをご紹介します。

テーマはいつでも変更出来るので、気に食わなかったり、自分には合っていないと思ったら直ぐに変えることができますので、まずは僕が紹介するテーマを使って見てください。もちろん無料です。

オススメはCocoon

「Cocoon」というwordpressテーマは初心者にとってものすごく優良なテーマです。特に収益化を目指している人にとっては、ありがたい機能のオンパレード!

ちなみにこのサイトも「Cocoon」を使わせていただいています。

詳しくは後のページで説明しますので、まずはインストールをしましょう。

ダウンロード&インストール

こちらのページで無料で配布しています。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

『テーマ』には親テーマ子テーマというものがあります。

初心者にとって、子テーマはあまり意味はありませんが、一応両方ともダウンロードしてください。

すると上のようなチャックの付いたフォルダーが手に入ります。これを圧縮ファイルと言います。

このファイルが手に入ったら、wordpressにログインして、左のメニューから「外観」「テーマ」をクリック。上部にある「新規追加」をクリックしてください。

 

次の画面では「テーマのアップロード」をクリックし、「ファイルを選択」から先ほどダウンロードした圧縮ファイルを選びます。

まずは親テーマ(cocoon-master)をインストールして、有効化すてください。

同じ手順を繰り返して次に子テーマ(cocoon-child)をインストールして有効化します。

 

これであなたのブログはcocoon製に変更されました。

スキン(デザイン)を決める

cocoonのテーマに変更して、サイトをみたけど、このサイトと違うな?と思ったでしょう。

cocoonの場合、さらに詳細なデザインを選ぶことができちゃいます。

Cocoonをインストールしたことによって、左のメニューに「Cocoon設定」というボタンが新たに生まれています。ここをクリックして、いっぱいあるタブメニューの中から左上の「スキン」を選びます。

その画面を下にスクロールしていくと次のように使えるスキンが大量に現れます。

カーソルを合わせることでそのスキンがどんなデザインなのかを見ることができますので、お好きなデザインを選んでください。

ちなみにこのサイトはtecurio soil   [作者: 風塵(ふーじん)]を選んでいます。

 

これにてwordpressのデザイン決めは完了です。

このサイトではCocoonテーマを選んでいることを前提に次のステップに進んでいきますので、良かったらCocoonをインストールしてください。初心者にとって絶対的に優しいテーマですので。

 

初心者がブログを収益化するまでのロードマップ
好きなことでお金を稼ぎたい方へ

プログラミング能力がゼロだった僕自身がブログを作って収益化するまでの手順を画像付きでわかりやすくまとめました。
ブログでお金を稼ぐってどうするのか見当がつかないという人にとって参考になるのでご覧ください。
このページを読むべき人
『副業を考えている人』
『収入を増やしたい人』
『好きなことでお金を稼ぎたい人』
『今の環境から脱却したい人』

準備
スポンサーリンク
KAZUYAをフォローする
自立型ニート生活
タイトルとURLをコピーしました