【ミニ四駆超速グランプリシーズン11】1分5秒以下のセッティング「オメガスピードウェイ」

ミニ四駆超速グランプリ
スポンサーリンク

アプリゲーム「ミニ四駆 超速グランプリ」のシーズン10コース『オメガスピードウェイ』でのセッティングを公開します。タイムは01’01’506。ウデマエは42です。

オメガスピードウェイ対策セッティング

『ミニ四駆 超速グランプリ シーズン10』のセッティングは、スピード&スタミナ重視だと思われます。

ただし、コーナー安定を削りすぎるとスピードオーバーでコースアウトするのでその加減が難しいですね。

今回は01’01’506を出したセッティングをまとめました。

総合評価

 

スピード:A2869

パワー:D997

コーナー安定:D810

スタミナ耐久:C122

重さ:D129g

スピードは変わらずにコーナー安定をD685、スタミナ耐久C116で挑戦した時はコースアウトしてしまったので、コーナー安定は800近くを目標にした方が良さそうです。

セッティング

基本パーツ

ボディ:シャイニングスコーピオン

モーター:レブチューンモーター

ギヤ:3.5:1超速ギヤ

前輪:小径レストンスポンジ(青)

後輪:小径レストンスポンジ(橙)

タイヤは小径×小径でセッティングしました。

今後は小径×大径も試していくつもりです。

ローラー

フロントステー:スペーサー付補強FRP・フロント

フロント:19mmゴム大径アルミベアリング×2

リヤ:19mmゴム大径アルミベアリング

ウイング:ハイマウント リヤウイング&16mmセットアップローラーズ

フロントにはローラーを2つ設置。さらにリヤにも同じローラーをセットして安定性を高めます。

ウイングにゴムを付けると安定性は増しますがスピードが落ちるのでプラ系ローラーをセットしました。

アクセサリー

中空軽量プロペラシャフト

ゴールドターミナル

放熱フィン

丸穴ボールベアリング

基本的にはスピード重視の「St」でセッティングしました。

マシン診断結果

最高速度(時速) 21.90km/h
最高速度(秒速) 6.08m/s
バッテリー消費量 2000.00mA/h
加速度(毎秒) 3m/s^2
最高速到達時間(秒) 0.48秒
タイヤグリップ 0.8
コーナー減速率 0.709
ジャンプ飛距離 1.29m
バウンド時間 0.03秒
前後の重心 10mm
ローラースラスト角 3
重さ 131.797
ブレーキ性能 0

今後の課題

今後はスピードを維持しながら、スタミナ耐久の向上を目指していきたいと思っています。

同じ場所でもスタミナがなくなってくる後半になるとコースアウトすることが多いので、スタミナを上げればコースアウトの確率も減ると思われます。

なんとか1分を切るセッティングを導き出せるように頑張っていきまーす。

初心者がブログを収益化するまでのロードマップ
好きなことでお金を稼ぎたい方へ

プログラミング能力がゼロだった僕自身がブログを作って収益化するまでの手順を画像付きでわかりやすくまとめました。
ブログでお金を稼ぐってどうするのか見当がつかないという人にとって参考になるのでご覧ください。
このページを読むべき人
『副業を考えている人』
『収入を増やしたい人』
『好きなことでお金を稼ぎたい人』
『今の環境から脱却したい人』

ミニ四駆超速グランプリ
スポンサーリンク
KAZUYAをフォローする
自立型ニート生活
タイトルとURLをコピーしました