【ミニ四駆超速グランプリ】ローラー位置でのセッティング効果検証結果

ミニ四駆超速グランプリ
スポンサーリンク

アプリ「ミニ四駆超速グランプリ」で、ローラーの配置でどのような変化があるのかを、マシン診断結果と実際に走ったタイムで検証しました。

ローラー位置セッティング効果・検証方法

ローラー配置をフロント上下、サイド上下、リヤ上下、ウィングの7箇所に同じローラー(19mmゴム付きプラ)をセッティングしてマシン診断して、コーナー減速率とタイムに関して検証しました。

タイムを計測したコースはコーナー重視コースであるフラワーサーキットです。スタートはわざとBADスタートに統一しています。

ローラー位置番号付け

ローラーの番号付けに関しては上の画像を参考にしてください。

検証結果

ローラー1個のみ配置

コーナー減速率 フラワーサーキットタイム
ローラー無し 0.863 1’08″254
1番 0.842 1’08″535
2番 0.882 1’07″415
3番 0.781 1’12″835
4番 0.781 1’12″734
5番 0.781 1’10″791
6番 0.781 1’09″873
7番 0.781 1’09″887

ローラーを1個だけでセッティングした場合②番の位置にセッティングした場合がもっとも速いという結果になりました。

一方で3番~7番に付けた場合減速率は同じでしたが、タイムが早くなったのは6番と7番です。

減速しつつもタイムを速めたい場合は7番へのセッティングということでしょう。

複数ローラー配置

コーナー減速率 フラワーサーキットタイム
ローラー無し 0.863 1’08″254
1番2番 0.840 1’08″000
3番4番 0.778 1’13″604
5番6番 0.779 1’10″048
下配置(1、3、5) 0.839 1’06″394
上配置(2、4、6) 0.839 1’06″397

中上に配置するよりも横に並べて配置する方がタイムが早くなりました。

中配置(1、3、5)と上配置(2、4、6)が今回検証した組み合わせではもっとも速いという結果に。

ということは、 ローラーは中配置で3つ並べた方がタイム的には優れている という結果に。

これはコーナー重視である「フラワーサーキット」におけるタイムなので条件次第では色々と変わってくるでしょうが、セティングするうえでの参考にしてください!

初心者がブログを収益化するまでのロードマップ
好きなことでお金を稼ぎたい方へ

プログラミング能力がゼロだった僕自身がブログを作って収益化するまでの手順を画像付きでわかりやすくまとめました。
ブログでお金を稼ぐってどうするのか見当がつかないという人にとって参考になるのでご覧ください。
このページを読むべき人
『副業を考えている人』
『収入を増やしたい人』
『好きなことでお金を稼ぎたい人』
『今の環境から脱却したい人』

ミニ四駆超速グランプリ
スポンサーリンク
KAZUYAをフォローする
自立型ニート生活
タイトルとURLをコピーしました